トラブルにあったら冷静に対応を。公共機関や遺失物センターで使える英会話

どうしようもないトラブルに遭遇したら迷わず公共機関に連絡を。公共機関で伝わる英会話のフレーズたち

色々なサイトで口コミ評価の高いネイティブイングリッシュ。

 

急きょ英語をマスターしなければならなくなったサラリーマンの私にとって本当に効果があるものなのかかなり疑いつつも返金保証があるのでとりあえず購入して実際に使ってみました。

 

毎日の英語の勉強内容が24週分あり、最後の内容は公共機関で使える英会話のフレーズになります。

 

海外出張中はなるべく現地の公共機関にお世話になるようなトラブルは避けたいもの。

 

でも万が一遭遇してしまったら自身の安全を確保するためにもぜひ公共機関に行ってください。

 

ネイティブイングリッシュの最後23,24週目の内容は公共機関で使える英語のフレーズが載っています。

 

 

公共機関に連絡するときに使える英会話のフレーズたち

 

911は日本の110番と119番に該当します。何かトラブルに巻き込まれたらすぐに連絡を

海外のみならず日本でも遭遇したくないのが交通事故。

 

日本ですら厄介なのに、それが海外で遭遇してしまうと本当に面倒ですよね。

 

万が一遭遇してしまったときのフレーズがネイティブイングリッシュのDay155,156に載っています。

 

これらのフレーズを使わないで過ごせるのが一番ですけどね。

 

  • 911, Is this an emergency? : 911です。緊急事態ですか?
  • There's been a bad traffic accident. : 大きな交通事故がおこったのです。
  • Where are you now? : 場所はどこですか?
  • I think I'm on 18th Ave. I see a McDonald's : 18番通りだと思います。マクドナルドが見えます。
  • Got it. Help is coming now. : わかりました。すぐに救援が向かいます。

 

日本人はカモ?スリにあったとき警察に相談するための英会話

こないだ会社の同僚がスペインに旅行していたときにスリにあって財布を盗まれたそうです。

 

幸いクレジットカードは別に持っていたため何とか旅行はできたのですが、一気にテンションが落ちて旅行がつまらなくなったそうです。

 

盗まれたものは基本的には返ってこないみたいですが、稀に財布だけは戻ってくることがあるそうです(もちろん中身は抜き取られてています)。

 

なので一応警察に届け出ておくことをおすすめします。

 

その際に使えるフレーズがネイティブイングリッシュのDay 157,158に載っています。

 

  • My purse was stolen. : バッグを盗まれました。
  • Do you remember the thief? : 泥棒のことを覚えてますか?
  • Can you describe your purse, please? : どんなバッグか説明してもらえますか?
  • It's small, red purse. : 小さな赤いバッグです。
  • What was in your purse? : バッグの中には何が入ってましたか?
  • My wallet and passport. : 財布とパスポート

 

意外にありがち。。パスポート紛失時は大使館に連絡しましょう。

海外滞在中は「命の次に大事なもの」とよく言われているのがパスポート。

 

あなたを証明できる唯一の資料でこれが無いと入国も帰国もできないし、そもそもホテルにも泊まれないです。。。

 

それだけ大事なものでも、私は今まで何人かの同僚がパスポートを紛失したのを見てきました。

 

パスポートを紛失すると基本は現地の大使館に行って仮のパスポートを発行してもらうのですが、その発行が数日かかるケースもあります。

 

  • Hello, I lost my passport. : もしもし、パスポートを無くしてしまいました。
  • Certainly. How do you spell your last name? : かしこまりました。苗字はどのようなスペルですか?
  • We need you to come to the embassy to fill out some forms. : 大使館に来て書類を記入してもらう必要があります。
  • I can be there tomorrow morning around nine. : 明日の朝9時に伺います。

 

物を無くしたら基本は戻らないと思いますが、一応遺失物センターで使える英語のフレーズたち

 

鞄を置き忘れたら基本は戻らないけど。。念のため遺失物センターで聞いてみましょう。

観光名所でみんなで写真を撮っているときにバッグを足元に置いて気づいたら無くなっていた。。。

 

中高年の人によくある話らしいです。

 

恐らく置き引きに合った可能性が高いですが、一応遺失物センターに確認するためのフレーズがネイティブイングリッシュのDay162,163に載っています。

 

  • You should go to the lsot and found. : 遺失物センターに行った方がいいですよ。
  • Could you tell me where the lost and found is? : 遺失物センターがどこにあるのか教えてくれませんか?
  • Go straight toward the cafe and turn right. : カフェにまっすぐ進んで右に曲がってください。
  • Could I leave my phone number? : 電話番号を残してもいいですか?

 

遺失物センターで紛失届を出すために必要なこと。

遺失物センターについたら、何をどこで無くしたのかを説明する必要があります。

 

ネイティブイングリッシュのDay164,165には遺失物センターで説明するのに必要なフレーズが載っています。

 

  • Where did you lose it? : どこで無くしなましたか?
  • I left something in a taxi. : タクシーに忘れ物をしました。
  • Do you remember the last time you saw it? : 最後に見たのはいつか覚えていますか?
  • Please call this number, as soon as you find it. : 見つかり次第この番号に電話をください。
  • Is there any possibility it will be returned? : 戻ってくる可能性はありますか?

 

最後のレッスンは財布が見つかるという奇跡的なシチュエーションでの英語のフレーズです。

半年分の勉強課題のあるネイティブイングリッシュの中で、最後のDay166,167は財布を無くしたけど奇跡的に見つかったときのフレーズです。

 

ホテルでチェックアウトした後に財布が無いことに気付いて、ホテルに確認するというシチュエーションですが、実際にはほとんど戻ってこないのでは。。。

 

  • I checked out this morning. But later, I realized my purse was missing. : 今朝チェックアウトしたのですが、財布が無いことに気づきました。
  • I will go check the lsot and found. : 遺失物センターに問い合わせてみます。
  • Do you remember the room number? : 部屋番号は覚えていますか?
  • Great news! Your purse was in the rooom. : 素晴らしいお知らせです!お財布が部屋にありました。
  • Oh, what a relief! Thank you so much! : あぁ、ホッとしました。ありがとうございます。

 

Topページへ